HOME BLOG WordPress(ワードプレス) 入門編!Googleサーチコンソールの初期設定方法と使い方

入門編!Googleサーチコンソールの初期設定方法と使い方

サーチコンソールはグーグルから提供されている、無料でサイトのデータを解析できるツールです。今回は、そのサーチコンソールの初期設定の方法や、基本的な使い方などをご紹介していきます。

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールの画面

Googleサーチコンソール(旧・Googleウェブマスターツール)は、無料でwebサイトのアクセス解析のデータを見ることができるツールで、グーグル社から提供されています。

通称:サチコと呼ばれ、SEO施策を行い検索順位を上げ、サイトに集客を行いたい人たちに活用されています。クリック率や、表示回数、グーグルに正しくページが認識されているかなどを調べることが可能です。

無料で利用できるツールですから、利用しない手はありません。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違い

グーグルが提供している解析ツールには、Googleサーチコンソールの他に、Googleアナリティクスというものもあります。

サーチコンソールと、アナリティクスの違いは以下です。

Googleサーチコンソールページに訪れる前のユーザーの行動や、検索エンジンからの見え方を分析する。
・検索順位
・表示回数
・クリック率
・クエリ(キーワード)
・ページが正しくグーグルに認識されているか
などを知ることができます。
Googleアナリティクスページに訪れたユーザーの行動を分析する。
・読了率
・直帰率
・滞在時間
・流入経路
・アクセス数
・リアルタイムでサイトに訪問しているユーザーの観覧しているページ
などを知ることができます。

つまり、サーチコンソールは訪問前のデータアナリティクスはサイト訪問後のデータを知ることができるというわけです。

SEO対策をしっかり行うには、どちらかを利用するのではなく、サーチコンソールもアナリティクスも両方を活用するといいでしょう。
ちなみに、アナリティクスも無料で利用ができます。

サーチコンソールの初期設定方法

それでは、まずサーチコンソールの初期設定方法をご紹介します。

手順1 グーグルアカウントを設定する

Googleアカウントの設定

まずは、グーグルアカウントを作りましょう。サーチコンソールを利用するには、必ずグーグルアカウントが必要になります。

グーグルアカウントの作成ページはこちら

手順2 サーチコンソールにアクセスする

作成したアカウントで、サーチコンソールにアクセスしてください。
「今すぐ開始」のボタンをクリックし、設定を開始します。

Googleサーチコンソールの開始

手順3 プロパティタイプの選択

以下の2つの解析方法から希望の方を選び、URLを入力し「続行」で次に進みます。

プロパティタイプの選択をする画面
ドメインサイト全体の解析を行いたい場合はこちらを選択

【備考】
・URLの最初が「http」「htpps」のどちらでも
・wwwの有無に関わらない
・DNS(ドメイン管理をしているシステム)の設定の所有権がないと利用できない
URLプレフィックスサイトの1部を指定し解析を行いたい場合はこちらを選択

【備考】
・DNS設定の所有権がない場合でも利用可能

手順4 所有権を確認する

所有権を確認します。
2のステップでドメイン、URLプレフィックスどちらを選んだかで方法が異なります。

「ドメイン」を選んだ場合

DNSレコードの確認DNSレコードの確認を行います。
DNSによって確認方法が異なるので、使用しているDNSの公式サイトをご確認ください。

「URLプレフィックス」を選んだ場合

Google Analyticsサーチコンソールで解析したいサイトで、すでにGoogle Analyticsを使用している場合、Google Analyticsをクリックすると自動で所有権の確認を行なってくれます。
HTMLタグGoogle Analyticsを使用していない場合は、HTMLタグを使っての方法になります。
1. 「HTMLタグ」と書かれたボタンをクリックし表示されたタグを、サイト内に設置します。
2. サイトがWordPressで作成されており、All in One SEOのプラグインを使用している場合、プラグインにタグを設定する欄があります。

貼り付けるHTMLタグの部分は?

所有権を確認するHTML
セクションに貼り付ける場合

タグを全てコピーして貼り付けます。

プラグインを利用する場合

content=”○○”の、○○部分のみを、該当の欄に貼り付けます。

All in One SEOを利用している場合

先ほどご紹介したcontent=”○○”の、○○部分のみ、ウェブマスター認証という欄の、Google Search Consoleと書かれている部分に貼り付けてください。

サーチコンソールの利用の前に…

Googleサーチコンソールの利用

サイトマップの登録をしよう

サーチコンソールの初期設定が終わったら、利用を始める前にサイトマップの設定を行いましょう。
サイトマップとは、サイトの中にどのようなページがあるかを伝える、サイトの地図のようなものです。

これを行うことで、グーグルの検索順位を決定するロボット・クローラーに、「このサイトにはこのような情報がありますよ」ということを伝えることができ、検索順位にも影響を与えます。

サイトマップをツールを使って作成し、サーチコンソールにURLを記入する形でグーグル側に送信します。サイトマップはワードプレスを利用している場合、プラグインを導入することで簡単に作成できます。
プラグインはAll in One SEO Packや、Google XML Sitemapなどを利用してください。

サーチコンソールの使い方

設定が終わったところで、サーチコンソールの使い方を見ていきましょう。
データを取得し活用することで、効率的にサイトへ集客を行うことができます。

① グーグル検索エンジンにクロールをリクエスト

グーグルの検索エンジンでは、クローラーというロボットが各サイトを巡回し、検索キーワードにはどのページがユーザーにとって最適なものかを順位付け、表示がされています。

サーチコンソールを使い、「ページができたのでチェックをしてください=クロールしてください」と依頼をすることが可能です。このクロールがされていないと、ここからご紹介する、サーチコンソールを使い取得できるデータを確認することができません。

また、登録リクエストをすることで、ページを作成してからクローラーが来るのを待っているよりも、早くインデックス(記事をクロール)してもらえます。

インデックス登録の方法

Googleサーチコンソールでインデックル登録
  1. 左列にある「URL検査」をクリック
  2. 検索窓にインデックスを依頼したいページのURLを入れる
  3. インデクス登録されている場合は写真のような表示に。されていない場合は、「インデックス登録をリクエスト」をクリック

検索パフォーマンスをチェック

サイトや、サイト内にあるページがどのようなクエリで表示されているのか、表示回数、検索順位、クリック率などを知ることができます。
また、これらの項目を、デバイス、国などのフィルタをかけてさらに詳しく調べることも可能です。

例えば表示回数の割にクリック率が低い場合は、タイトルが魅力的でないなどと分析できます。このデータを元に、タイトルの変更などのSEO施策を行うといいでしょう。

検索パフォーマンスをチェックする方法

Googleサーチコンソールでパフォーマンスチェック
  1. 左列の「検索パフォーマンスをクリック」
  2. 「+新規」をクリックし、検索キーワード、ページ、国、デバイスなど該当の項目をクリック
  3. 表示された項目に従い操作

被リンクをチェック

該当のページがどれだけ他のページにリンクとして貼られているか(被リンク)を調べることができます。

SEO施策を行い検索順位を上げ集客を行うには、サイト内の内容も重要ですが、この被リンクがどれだけ行われているかや、どのようなサイトに貼られているかも大切なポイントになります。

被リンクをチェックする方法

Googleサーチコンソールで被リンクをチェック
  1. 左列の「リンク」をクリック
  2. 外部リンクだけでなく、内部リンクの表示もされる

各ページの評価をチェック

グーグルの検索エンジンにより、各ページがどのような評価を受けているかを調べることも可能です。評価は以下の4つに分けられます。

エラーエラーによりグーグルにページが正しくインデックスされていない(クロール・認識されれていない)状態
有効(警告あり)インデックスはされているが注意が必要な場合
有効正しくインデックスされている状態
除外何らかの原因があり、ページがインデックスされていない状態

エラーや、警告があるページが存在する場合、上位表示に不利に働くので原因を突き止め、対処をする必要があります。

各ページの評価をチェックする方法

Googleサーチコンソールでページの評価をチェック
  1. 左列の「カバレッジ」をクリック
  2. エラー、有効(警告あり)、有効、除外をクリックすると下部に詳細が表示される
  3. 詳細をさらにクリックすると該当ページの確認が可能

サーチコンソールを有効活用しよう!

今回は、初期設定の方法や、基本的な使い方をご紹介しました。ぜひGoogleサーチコンソールを利用して、あなたのサイトのSEO対策に役立ててください。