HOME BLOG WordPress(ワードプレス) 風俗店のホームページ制作にはWordPress(ワードプレス)のテンプレートの利用をオススメする6つの理由

風俗店のホームページ制作にはWordPress(ワードプレス)のテンプレートの利用をオススメする6つの理由

この記事では、

「風俗店のホームページを作りたいけどどうやって作るのか分からない…」
「どのホームページビルダーがいいのか知りたい」

と悩んでいる方向けに、

  • 風俗店のホームページ制作にWordPress(ワードプレス)をオススメする理由
  • 風俗店向けのオススメWordPress(ワードプレス)テーマ

をご紹介します。

当サイトでも風俗店向けのWordPressテンプレートLUXURYを販売しております。

風俗店のホームページ制作にWordPress(ワードプレス)をオススメする6つの理由

Pch.vector - jp.freepik.com によって作成された people ベクトル

専門知識がなくても簡単にサイトを構築・管理できる

WordPress(ワードプレス)とは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の一つで、「プログラミングの知識がなくても、簡単にホームページを作成できる仕組み」のことを指します。全世界のウェブサイトの4割近くがWordPressで制作されていると言われているくらい、幅広く使われています。

ホームページを一から立ち上げようとすると、HTML・CSS・JavaScript・PHP…など、たくさんのプログラミング言語を使ってコードを書く必要があります。一方、WordPressの場合、上記の言語に詳しくなくても、ブログを書くような感覚でホームページを構築・管理することができます

WordPressの他にも、

  • Drupal
  • Joomla

といったCMSがありますが、管理画面を使いこなすまでに時間がかかり、日本語の情報も少ないので、初心者にとってはハードルが高くなっています

一方、WordPressは、管理画面は直感的で、日本語情報がCMSの中で圧倒的に多いので、専門知識がなくても簡単にウェブサイトを立ち上げることが可能です

無料で使えるからコストカットになる

WordPressは、「WordPress Foundation」という慈善団体によって運営されており、無料で利用することができます

WordPressでサイトを立ち上げるためには、

  • レンタルサーバー代
  • ドメイン使用料
  • (任意)WordPressの有料テーマ購入代金

と言った費用が必要になりますが、WordPressのシステム自体は何個でも無料で利用することができます。

風俗店のホームページをWordPressで作成する場合、たった月数千円で公式サイトを運営できるので、大幅なコストカットに繋がります。

50,000種類以上のプラグインでセキュリティ対策もバッチリ

WordPressの強みとして、「プラグインの豊富さ」が挙げられます。

プラグインとは、WordPressのオプション機能のようなもので、クリック一つでウェブサイトに便利な機能を追加すること可能です

たとえば、「SiteGuard WP Plugin」という無料プラグインを追加することで、

  • 不正ログインの防止
  • 不正アクセスの防止
  • コメントスパムの防止

などのセキュリティ対策を自動で行ってくれるので、個人情報を多く取り扱う風俗店のホームページであっても安全に運営することができます

セキュリティ対策用のプラグイン以外にも、

  • バックアップを取れるプラグイン
  • SEO対策をしてくれるプラグイン
  • 検索機能を実装できるプラグイン

など、用途に応じた強力なプラグインが豊富に揃っており、高機能なウェブサイトを簡単に作成することができます。

豊富なテーマからお店に合ったデザインを選択できる

WordPressには、計30,000種類以上の無料・有料テーマがあり、多彩なサイトデザインを利用することが可能です。最近話題のウェブサイト作成サービス「Wix.com」でも、テンプレートは500種類程度なので、WordPressのデザイン性がいかに高いかお分かりいただけるかと思います。

テーマ」を採用する最大のメリットは、「スキン」感覚でWordPressサイトのデザインを切り替えることができる点です

仮に一からホームページをデザインしようとすると、膨大な時間がかかってしまいますが、「テーマ」を使えば、管理画面から一クリックで簡単にサイトデザインを変更することができます。

風俗店のホームページを作成する上でも、WordPressの豊富なテーマを利用することで、

  • お店の雰囲気に合ったデザイン
  • ユーザーの感情に訴えかけるようなデザイン

を採用することができます。

風俗店向けのテーマには豊富な更新機能がある

風俗店のホームページを運営する場合、

  • 出勤情報
  • 料金システム
  • 写メ日記

などの情報を日々更新する必要があります。しかし、これらの情報を更新できる管理システムを制作会社に発注しようとすると、少なくとも50万円はかかります

一方、WordPressを使えば、数万円で風俗店向けテーマを購入することができます

先ほど述べた通り、テーマはワンクリックで使えるので、業者に頼む必要がなく、管理画面からいつでも情報を更新することが可能です。

SEO対策に強いから、検索結果で上位に表示させやすい

WordPressには、SEO対策に効果的なプラグインがあると言いましたが、そもそも、WordPress自体がSEOに強いと言われています。

SEOとは、「Search Engine Optimization (検索エンジン最適化)」の略で、Webページを検索エンジンの上位に表示させる施策のことを指します。

WordPressで作成したウェブサイトは、Googleのクローラーがクロールしやすい仕組みになっているので、Googleに評価されやすく、検索上位に表示させやすいと言われています。

Googleの検索事業の元責任者であるマット・カッツ氏は、「WordPressは、SEOに最適化されたツールである」とコメントしています。
(引用元:Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO)

このように、WordPress自体がSEOに強いので、風俗店のホームページをWordPressで作成することで、

  • 検索上位に表示させることで集客につながる
  • 広告と異なり費用がかからない

といったメリットがあります。

風俗店向けのWordPressテーマなら「LUXURY」

風俗店向けのWordPressテーマはいくつかありますが、オススメは「LUXURY」です。

「LUXURY」は、風俗店・キャバクラ・ガールズバー・ホストクラブ向けのWordPressテンプレートで、

  • キャストの登録
  • 出勤情報の管理
  • ブログ機能

など、業者に頼むと50万円はかかるような機能が搭載されています。

デモページはこちら

購入ページはこちら

管理画面から簡単にキャストの出勤情報を更新できる

「LUXURY」では、WordPressの管理画面から簡単にキャスト情報を登録することができます。写真や出勤時間はもちろん、スリーサイズやキャストへの質問などの情報も分かりやすく表示させることが可能なので、UX(ユーザー体験)の高いウェブサイトを運営することができます

便利なランキング機能

「LUXURY」には、キャストのランキング機能が搭載されており、いつでも順位を更新することが可能です。管理画面のウィジェットからドラッグ&ドロップで簡単にランキングの更新ができるので、操作に困るといったことも起きません。

アクセス情報の設定もラクチン

「LUXURY」を使えば、複雑なアクセス情報も分かりやすくまとめることが可能です。

WordPressの管理画面から、ブログのような感覚で道中の写真や説明文を追加することで、分かりやすいアクセスページを作成することができます

ブログ機能も搭載

LUXURY」はブログ機能も搭載しており、WordPressの編集画面から簡単にブログを投稿することが可能です。オシャレで読みやすい日記を作成することで、キャストの魅力をお客様にしっかりと伝えることができます

コスパが高い

上の表を見ていただくとわかりますが、「LUXURY」は、他の風俗店テーマと比べて高機能&お手頃価格なので、風俗店のホームページを作成したい人にはぜひオススメです。

まとめ

この記事では、

  • 風俗店向けのホームページにWordPressをオススメする理由
  • 風俗店向けテーマ「LUXURY」の魅力

をご紹介しました。

WordPressは、初心者でも使いやすく、低コストでウェブサイトを作成・運営することが可能です。風俗店のホームページを立ち上げたいと思っている方は、ぜひ活用してみてください。

「LUXURY」の購入ページはこちら